配偶者控除の改正で
パート主婦の年収は上がったか?

 まず、「パート収入の壁」問題がある。

 多くのパート主婦は、夫の「扶養の範囲内」で働くかどうか迷っている。扶養の分岐点となる妻の年収を「パート収入の壁」という。

 これまで扶養の範囲内で働いていたパート主婦にとってみると、時給がアップしたからといって、そう簡単に「パート収入の壁」を越える決心がつかない。もったいないことだが、時給がアップして以降は、働く時間を減らして「壁の内側」に収まるようにしているのである。

「パート収入の壁」には、「税金面での扶養の壁」と「社会保険面での扶養の壁」がある。

 税金面での扶養とは、配偶者控除のこと。夫が38万円の配偶者控除を受けることができる妻の年収の分岐点は昨年まで「103万円」であったが、2018年1月からは改正となり、この壁は「150万円」となった。妻の年収が150万円を超えても、段階的にまだ控除を受けることができるので、夫の手取りが急に激減することはない。

 これまで100万円程度に収入を抑えていたパート主婦に、150万~170万円を目指して働いてもらうための改正だが、内容をしっかり理解している人は少なく、「よくわからないから100万円のままが安心」と考える人がほとんどだ。

 あるテレビ番組で「パート収入の壁」を解説することになり、スタジオ出演に加え、ロケも行うことになった。私鉄沿線にある小売店のパートさんに集まってもらい、私がミニセミナー形式で配偶者控除が今年1月から変わったことを説明した。

 説明が終わったところでディレクターは、パートさんにボードを配り「では、みなさん、今年はいくら働きたいですか」と問いかけ、「目標年収」を書いてもらう。

 このとき全員が「150万円」と記入。理由は「夫の扶養でいられるギリギリまで働きたいから」。扶養内にいたいが、時間を調整せずにもっと働いて、少し収入を増やしたいと口を揃えて言う。