外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。
今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。

本物のお金持ちが、常に口にする言葉がある

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

『天国おじい』の中に、
「成功したから感動させられる人間になれるわけではなく、感動させられる人間だから成功するんだ」
 というおじいの言葉がありますが、ボクが本物のお金持ちのお客さまたちと一緒に過ごさせていただいた時間はいつも感動の連続でした。
 だからといって、何かコレといった大きなことがあるわけではありません。それよりも、お金持ちのお客さまたちは気遣いの言葉と感謝を大切にしていて、とても謙虚だったことが印象的でした。

 本物のお金持ちたちが常に口にされていた言葉があります。

「いつもありがとう」
「こちらこそ、ありがとう」
「本当に助かるよ(助かったよ)」
「困ったことはないかい?」
「何かボクにできることはある?」
「大丈夫?」(と言って部屋でのスタッフの作業を助けてくれたりする)
「あとは自分でやるから気にしないで」

 他にもこんなことがよくありました。

■スタッフの名前を覚えていて、彼(彼女に)に「よろしく伝えておいて」「ありがとうって伝えておいて」と伝言を残す。
■チェックアウト後のテーブルやベッドの上に「ありがとう」「いつもお疲れ様」という一言メッセージが置いてある。

 とても些細なことかもしれませんが、お金持ちはこのような気遣いや言葉をとても大切にしています。そう言うことが「クセ」になっているレベルです。

 ポイントは、なぜそんなことができるのか? ですよね。
 それは、お金持ちだから気遣いができるのではなく、気遣いができるからこそ成功できたわけです。

 誰に対しても純粋な関心を払う意識が高く、かつ、それを素直に言えることも大きなポイントです。

『天国おじい』の中に出てくる、あまりの紳士ぶりに僕たちがスタッフが口をそろえて「神客」と呼んで慕っていた柏木さま(仮名)はこう言っていました。

「誰だって、助けてあげようとか感謝しようという気持ちを持っているんだけど、なぜかそれを言葉にして言わないんだよ。
 恥ずかしいのか、見栄なのかわからないけど、素直に言えばいいんだよね」

 柏木さまのエピソードを思い返してみると、柏木さまがいつも気遣いや励ましの言葉を語ってくれていたことがわかりますし、そういう言葉の一つひとつによって、柏木さまはボクにとって絶対に忘れられない存在となったわけです。
 柏木さまのことを思い出すと、今でも涙があふれてきます。