道路などのインフラ老朽化が進み、トラブルの対応に頭を悩ませている自治体は多い。事故予防につながる発見をどう効率的に進めるかも課題だ。そんな中、埼玉県所沢市が2015年から始めた「穴ぼこ通報キャンペーン」が好評だ。2018年も7月9日から2週間開かれる。

本記事はハフポスト日本版からの転載記事です

 道路にあいた穴の通報を増やし、早く補修に取りかかれるようにするのがねらい。所沢市道路維持課の担当者は「市内で課員が道路パトロールをして穴などを見つけてふさぐ作業をしているが、耐用年数が経ち、劣化が進んだ結果、市の確認だけでは追いつかない」と説明する。

 キャンペーン1年目の通報は66件、51カ所の補修につながった。2年目、地元球団の西武ライオンズから譲り受けているペア観戦券を謝礼にすると通報が115件、2017年度は138件の通報が。期間中の通報件数が2年で倍増したことになる。

 これだけ通報に力を入れているのは、穴が放置されていると、車のタイヤのパンクや歩行者のけがなどの原因につながり、ひいては市が修理や治療費用を補償しなければならなくなるからだ。

 2014年6月には、梅雨の大雨で市道のひび割れから雨水がしみこみ、舗装の下の路盤が緩んだことで舗装がはがれ、一晩で大きな穴が開いた。この箇所で車のタイヤのパンク事故が1日に4件も起き、補償件数の多さを巡って市議会でただされたこともあった。

所沢市の公式ホームページから 拡大画像表示