「節約してるのになかなかお金が貯まらない……」「老後の資金づくり? 何もやれていないんだけど……」「資産運用の情報が多すぎて、何から手をつければいいのか……」そんな家計の悩みをお持ちの人も多いのでは? ずぼらな人でも簡単にできる「家計システムのつくり方」を解説した、ロサンゼルス在住のFP主婦・岩崎淳子氏の最新刊『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』より、内容を一部抜粋してお届けする。

アクティブ投資は「悪」なのか?

今回の連載まででずっとお伝えしてきた内容を学ぶと、「アクティブ投資=悪、パッシブ投資=善」「投機=悪いもの、投資=よいもの」と誤解してしまう人がいます。そのような決めつけはあまりに短絡的でしょう。

忘れてはならないのは、投機をする人がいるからこそ、市場が活性化し、適切な市場価格が保たれているということです。がんばって分析を行い、「平均以上」を狙ってハイリスクを取ってくれる投機家やアクティブ投資家がいるからこそ、勝者と敗者が生まれ、そこに「平均」が生まれます。

そんなことはまずあり得ませんが、もしも世界中の人が平均を狙いはじめれば、そのときこそは世界経済が同時に沈没することになるかもしれませんね。