外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。
今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。

本物のお金持ちが大切にしている、バカンスの目的とは?

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 インバウンドが増えている関係で、平年通じてホテルの宿泊予約数は増えているものの、シーズンとオフシーズンがあります。
 ゴールデンウィーク・夏休み・シルバーウィーク・年末年始。そして昨今は、中国からのインバウンド増加のため旧正月(2月頃)の時期はシーズンとして忙しくなりますが、この時期にホテルにお泊まりになる目的は「バカンス」です。
 休暇をホテルで過ごすお金持ちはとても多いです。

 そのようなお金持ちに共通しているバカンスの目的は、家族と一緒に過ごすこと。
 その背景には、時間のオンオフをしっかり切り替える意識が高いことです。

 当然ながら、家族だと人数が増えるため、一泊40~50万円するスイートルームを2~3部屋同時に、しかも1週間ほど利用することが多いので、滞在費だけでもかなり高額になりますが、お金持ちは普段仕事で忙しいため、定期的にバカンスを確保し、休暇では仕事と隔絶された環境で家族と過ごす時間を大切にしているようです。
 ボクが体験した例で印象深かったのは、20部屋あるワンフロアを45日間ほど借り切って一族皆でバカンスを過ごした中東のお金持ちのお客さまでした。

 おじいは、「何よりも家族を一番大切にすることが成功の秘訣」と言いますが、お金持ちは何よりも家族を大切にし、家族と過ごす時間を確保しています。

 外出する時もご家族皆で出かけ、ホテル内のレストランを利用する時もご家族一緒で、という感じでした。
 夜はリラックスして家族で晩酌をしたりというように、ずーっと家族と過ごし、談笑しています。
 いわゆる「大富豪系」のお金持ちは何代にもわたってお金持ちなわけですが、本物のお金持ちこそ「家族の絆」を強く意識することは有名ですよね。

 バカンスをホテルで過ごすお金持ちたちに共通するもう1つの特徴は、家族でプレゼントを交換し合うことでした。
 クリスマスだから、誕生日だから、という特別な理由はなくてもなのです。
 プレゼントの内容や規模は、「ステキな花を見つけたからお花を」という小さなプレゼントから、高級ブランドのお高いモノまでさまざまでしたが、一番多かったのは、手紙やメッセージカード
 日頃の感謝や想いをしたためて交換し合い、お互いの気遣いを示し合うのです。
 家族がお互いに涙を流しながら手紙を読むシーンに遭遇することもよくありました。

 もちろん、このようなお金持ちのバカンスの過ごし方や目的はとても感動的なのですが、当時のボクは、「さすがお金持ちだな。でも、お金があるからできるんだ…」とか「お金があるからこんな贅沢ができるわけだし、こんなステキなホテルで時間を過ごせれば誰だって感動するはずだよな……」なんていう劣等感や敗北感を感じることも多々ありました。

 そんなボクの浅はかな考えを壊してくれたのは、いつも定期的に家族でバカンスを過ごすためにお泊まりになっていたある常連様でした。