Photo:PIXTA

コミュニケーションがうまく取れず、部下をまとめられていない管理職は少なくない。中には良かれと思ってしたアドバイスや気遣いが的外れで、迷惑と感じられているケースもあるようだ。そこで「管理職養成講座」第16回では、部下の話を最後まで理解しないまま仕事を進めてしまい、信頼を失ってしまった管理職の事例を紹介しよう。(MICA COCORO代表 産業カウンセラー 宮本実果)

転職してきた部下に
距離を置かれるマネジャー

 大手メーカーに勤めるDさん(49歳・男性)は、入社以来、さまざまな部署で活躍し、現在は開発事業部のマネジャーとして、男女7人の部下を率いています。部外の飲み会にも頻繁に参加するなど、多くの社員とコミュニケーションを取ることを心がけています。

 しかし、ある日を境に、今春に転職してきて部下となったAさん(36歳・女性)から距離を置かれている気がしています。原因は何なのか、2人が交わした会話から検証してみましょう。