昭和恐慌時の「金解禁」に
抱いた疑問

 こう結論づけるのは、筆者の個人的な体験も大きい。

 筆者が大蔵省(現財務省)に入省したのは1980年だ。当時はいわゆるキャリア官僚として採用されるのは東大法学部の卒業生ばかりだった。でも話題づくりのためもあってか、2年に一度くらいは法学部卒以外の学生も採用された。筆者はこの「変人枠」で採用された。

 もともと理科系で数学を専門としていた。理学部数学科を卒業したあと、経済学部に再び学士入学した。だから経歴上は一応、東大経済学部卒になっているが、本来の専門は数学。それまで大蔵省では、数学科出身者の採用は筆者を含めわずか3例しかなかった。

「変人ぶり」は入省直後の研修ですぐにあらわになった。だがこの時の出来事が、その後20年近くたって、筆者が金融政策に強い関心を抱き、インフレターゲットを主張するきっかけになるのだから、不思議なものだ。

 当時の新人研修は、横浜銀行の寮を借り切って行われていた。研修期間はおよそ3週間。朝から晩まで課題図書を読み感想文を書いたり、先輩から仕事内容の説明を受け議論したりした。課題図書のなかの1冊に、『男子の本懐』があった。

 浜口雄幸首相と井上準之助蔵相を主役にした史実に基づいた小説だ。

 昭和のはじめ、浜口内閣は世界恐慌のただなかで日本経済をかじ取りしていくわけだが、浜口首相と井上蔵相の悲願は「金本位制への復帰」だった。強い反対を押し切って、「金解禁」を断行する。輸入増などによる金の流出を抑えるために緊縮財政政策などがとられた。

 金の輸出禁止を解く措置は、日本が金本位制に復帰したことを意味する。だがよく知られているように、「金解禁」を達成したあとの1930年、浜口はテロに襲われて、翌年に死亡。井上も1932年に暗殺される。

『男子の本懐』は、浜口首相と井上蔵相を悲劇のヒーローとして描いている。ふつうの読者なら、「金解禁」に身命を賭した二人に感情移入するだろう。実際、研修に参加した同期生たちもそうだった。

 だが筆者は「なぜ金本位制に復帰することがそんなに大事だったのだろうか」――と素朴な疑問を抱いてしまった。理系で理詰めで考えるくせがあったこともある。

 金本位制のもとでは、金と兌換(だかん)できる貨幣を中央銀行が発行する。だから、保有する金の量によって発行できる通貨の量も決まる。だがいうまでもなく、現在は日本を含め世界各国が採用しているのは、金本位制度ではなく管理通貨制度だ。

 物価の安定や雇用確保を目的に、中央銀行が通貨の供給量を増やしたり減らしたりして調整している。金本位制とは違い、保有する金の量に通貨の供給量が縛られることはない。

 入省したばかりの筆者が抱いた疑問はこうだった。「もし金本位制が本当にすばらしい制度だったら、その制度はいまも続いているはずではないか。なのに、どうしてどの国も金本位制を採用しなくなったのだろうか」。