なかには、いまメモしておけばいいのに、「あとでいいや」と考えてしまう人がいます。

「けっして忘れない」という自信があるのでしょうが、まさに脳を買い被っている証拠。脳は記憶装置ではなく想起装置です。「短期記憶」はあっという間に消えます。

 いまはスマートフォンがあるので、ノートやペンを持ち歩く必要もありません。アイデアや仕事の重要事項などをきちんと思い出せるように、メモを取る習慣をつけましょう。

常に「新しいページ」に書く

 ノートに取ったメモを見返すときに、目的の箇所が見つからなくて困ることがあります。これは、新しいメモを以前のメモのすぐあとに書いているからです。メモの切れ目がわからず、探しにくくなってしまうのです。

 あとから見返したときにわかりやすいように、常に「新しいページ」にメモするようにしましょう。たとえ前のページに余白があったとしても、続きから書くのではなく、次のページからメモを取るようにするのです。

 もったいないと感じる人もいると思いますが、本当にもったいないのは、「目的のメモを探す時間」です。あとからでも確認できるようにメモを取るのですから、「探しやすさ」は何よりも優先させるべきなのです。

 また、探しやすくするために、メモには「日付」を入れるようにしましょう。そうすれば、どこにどんなメモがあるかがだいたいつかめます。つまり、日付がインデックスのような役割を果たすのです。