体と心の疲れが消えていく「滋養食」 鶏むね肉で疲労回復
Photo:PIXTA

体と心の疲れは「食」で予防・回復することが可能です。そんな「滋養食」の数々を、新著『体と心の疲れが消えていく「滋養食」』を出版した医学博士の藤田紘一郎氏が紹介していきます。今回取り上げるのは、脳の疲労回復に効くイミダゾールペプチドという栄養素を豊富に含んだ「鶏むね肉」の効用について。

脳の疲れには「鶏むね肉」の
イミダゾールペプチドが効く

 脳の疲れをとる食で、いちばんのおすすめは鶏むね肉です。

 鶏むね肉には、イミダゾールペプチドという特別な栄養素が含まれています。

「脳疲労にはイミダゾールペプチド(イミダペプチド)がよい」と話されているのは、大阪市立大学大学院疲労医学講座の梶本修身特任教授です。

 脳疲労を回復させるには、抗酸化作用の高い栄養素をとって、脳細胞の酸化ストレスを軽くする必要があります。鶏むね肉に含まれるイミダゾールペプチドには、高い抗酸化作用があるのです。

 抗酸化作用は野菜や果物に含まれるフィトケミカルにもあります。たとえば、ビタミンA、C、Eも強力な抗酸化物質です。