マリファナ研究に学位を授ける全米初の大学で、若者は何を学んでいるのか
学生たちの態度は真剣そのもの Photo by Miho Nagano

米国のミシガン州には「マリファナ研究」で正式な4年制大学の学部学位を取得できるコースがある。これは全米初にして唯一の試みだ。学生たちはいったいどんな場所で、何を勉強しているのか。マリファナの合法化に踏み切る州が増えるなか、超急成長中のマリファナ市場を支える未来のラボ研究者や、アントレプレナーの卵たちを現地で取材した。(取材・文・撮影/ジャーナリスト 長野美穂)

大学でマリファナを研究する
生徒たちが目指しているもの

 五大湖の1つである、美しいスペリオル湖のほとりにあるのが、ミシガン州マーケットの街だ。この街にある州立のノーザン・ミシガン大学は、昨秋、全米で唯一「マリファナ研究」で4年制の学位を所得できるコースを新設した。

 ちなみにミシガン州では、医療目的のマリファナ使用は、10年前の2008年に州民投票ですでに合法になっている。州内の患者たちは「ケアギバー」という名称の州の許可証を持つ21歳以上の個人から、マリファナ製品を合法的に購入し、使用してきた。

 さらに11月6日の中間選挙の州民投票で、一般のミシガン州民の「娯楽使用」も合法になった。

 この学位の正式名称は「メディシナル・プラント・ケミストリー」。直訳すると「医療用に使われる植物を研究対象とした化学」だ。この学位の真の狙いは、医療用マリファナ市場に必須な品質管理の研究者や、ラボ技術者、さらに業界のアントレプレナーたちを、4年かけてじっくり育成することにある。

 早速、大学のラボを覗いてみた。

「今日の授業で使う液体は、一滴でも身体についたら非常に危険だから、十分注意するように」

 通称「マリファナ学位」の産みの親であるブランドン・キャンフィールド教授がそう言うと、学生数20人弱のクラスに緊張が走った。このクラスは、液体の正確な計測方法を学ぶ化学の必修授業なのだが、私語は一切なく、学生たちの間にやる気が漲っているのが伝わってくる。