サウジアラビアの記者殺害事件の後も、米シリコンバレーの新興企業はサウジとの取引で交渉を続け、ソフトバンクを通じてサウジマネーを受け入れている。