米民主党のナンシー・ペロシ下院院内総務は6日夜、同党が多数派となる新たな下院は「わが国の選挙の黒い利権資金の沼を干上がらせる」ために選挙資金改革を行うと言明した。よくそんなことが言えたものだ。ペロシ氏が2度目の下院議長職を務められるのは、民主党を政治的勝利へと導いたドル紙幣の波に負うところが大きい。  米政治資金監視団体「責任ある政治センター(CRP)」のウエブサイト、オープンシークレッツの統計によると、今回の中間選挙で民主党の下院議員候補が集めた選挙資金は、直近の報告期限である10月17日の段階で9億5100万ドル(約1100億円)に達していた。