【パリ】フランスの規制当局は米フェイスブックによる不正コンテンツの削除状況を6カ月にわたり視察する。世界的ハイテク企業を対象とする新しい規制モデルを確立するための試験プログラムの一環だ。  エマニュエル・マクロン大統領が12日、著作権、テロ、競争法といった分野でのシリコンバレー企業の規制を強化する取り組みの一部としてプロジェクトを発表した。