これが8000万円の札束!
なぜ賞与は現金・手渡し?

 武蔵野は、賞与を社員に現金で手渡ししています。

 あえて銀行振込にしないのは、愛情を実感してもらいたいから。
 同じ金額でも、通帳に記載された数字を見るより現金で受け取ったほうが、社員はうれしい。
 これも私の愛情表現のひとつです。

 前期(2017年度)の賞与総額は1億円に達しました。
 電子決済があたりまえになったいま、8000万円の現金を用意するのは大変です。

 銀行の支店にはそれだけの現金がないので、
 今回は事前に本店から現金8000万円を取り寄せてもらった。

 私自身、これだけの額の現金の塊を見たのは生まれて初めて。
 メインバンクの支店長ですら、

「こんな札束を見たのは初めて」

 と驚いていました。

日本銀行印が入った、8000万円の札束=“座布団(ざぶとん)”

 銀行業界では、8000万円の札束(1万円札×8000枚)を

“座布団(ざぶとん)”

 と呼んでいる。

 賞与の袋詰めをした社員は、座布団を見てなおのこと驚いたでしょう。

 私は拙著『数字は人格』の中で

「会社経営においては、『数字が人格』『お金が愛』

 と書きました。
 社員の雇用を守るためには、お金が必要です。

 どんなに口で素晴らしいことを言っても、
 お金がなければ社員の生活を豊かにすることはできない。
 社員のために使えるお金を持っている社長が、
 愛のある社長です。