めしばな刑事タチバナの世界
B級からC級にも満たないようなグルメのうんちくが満載です(写真はイメージです) Photo:PIXTA

【おとなの漫画評vol.10】
『めしばな刑事タチバナ』
原作・坂戸佐兵衛、漫画・旅井とり
徳間書店
既刊31巻 2018年11月現在 徳間書店

 世にグルメ漫画は数あれど、この作品ほどグルメからほど遠く、しかしわれら普通の市民にとってものすごく近い「食」をテーマにしている漫画はないだろう。

 舞台はある所轄の警察署。中年刑事タチバナが主人公だ。通常、食の漫画の主人公が知識を披歴するのは素材、調理法、それに店の情報と相場は決まっているが、本作で登場するのはB級グルメどころか、C級にも入らないであろう安いチェーン店やジャンクフードである。開陳される知識は社会的な情勢や産業史に拡大されており、それが非常に面白いのだ。

 タチバナ刑事が食の知識を開陳する「めしばな」の相手は同僚・上司の警察官であり、取り調べ対象の被疑者だったりする。

 第1巻で、タチバナ刑事が本来は警視庁のエリートであり、何かが原因で所轄に異動されたことがわかる。なんだか『新宿鮫』の鮫島警部みたいだが、その後の展開でこの問題はどこかへ消えてしまっている。まあ、本筋のグルメとは全然、関係がないからだろう。

カップ焼きそば、ほか弁、ポテチ…
ジャンクフードのトリビアが満載

 ジャンクフードに関する作者の造詣は深い。本作は「週刊アサヒ芸能」(徳間書店)で2010年の年末から連載されており、もうすぐ8周年である。コミックスも31巻を数える。最新巻で取り上げられているテーマはこうだ。

 ・ソーセージパン
 ・クリームソーダ
 ・シーフード・ガンボ
 ・バナナプディング
 ・冷やしパン
 ・冷やしラーメン
 ・冷やしチョコレート菓子
 ・冷やし中華