米国と中国が関税を巡る争いで「休戦」したことで、世界1、2位の経済大国間の新たな「冷戦」への懸念が後退し、アジアの多くの国々で安心感が広がった。