9月に発表された新しいMEBプラットフォーム
9月に発表された新しいMEBプラットフォーム Photo:VW

電動車両専用のプラットフォーム
MEBを披露

 独・VW(フォルクスワーゲン)は10月、純電動車両(BEV=バッテリー式電気自動車)専用のプラットホーム、MEB=モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリクスを披露した。18年に立ち上げたBEV新ブランドI.D.の基盤シャシーであり、特徴はホイールベース内の床下に2次電池を並べ、ホイールベースと全幅のサイズを自由に設定できる点だ。アウディ、セアト、シュコダ、VW製商用車にもこのMEBが採用される予定で、量産は19年から始まる。

 MEBは前輪と後輪の制御ユニット、減速ギア、デファレンシャルギアを一体化した共通の駆動モジュールを配置し、システム上はFF/FR/AWD(前輪駆動)のすべてに対応できる。後輪ユニットを180度回転させれば前輪ユニットになる。このモジュールを支えるサブフレームとサスペンション取り付け部分が合体されている。

 外部充電式のリチウムイオン電池は、数セルをパッケージ化したモジュールを床下に収容する方式だ。セル数やセル当たり出力は公表されていないが、おそらく1セル=3.7ボルトの一般的なリチウムイオン電池だろう。VWによると、I.D.ブランドのBEVは「1充電当たりの航続距離は欧州の燃費モード、WLTP基準で330~550kmになる」という。フロアは車室側とボディ底面の2重構造で、ここに電池モジュールを収容する。