「ダークウェブ」と呼ばれる闇サイトではあらゆる盗難データが入手できる。社会保障番号などのデータ1件あたりの提示価格はわずか数ドルの場合もある。