ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

先進テクノロジーがヒートアップ!!
ビジネスの「枠」を溶かし始めるか?! Project Glass、Google Car、SemanticMap……

安間裕
【第10回】 2012年5月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 これに、インターネットの機能でFacebookなんかが搭載されたりすると、ほぼ、未来の車です。

 ここまで来ると、昨年だったと思いますが、ベンツが「近未来の自動車」として、自慢げに発表していたARカーのデモと良く似ています。つまり、ベンツは、まだデモですが、日本では既に、実現!!ということなので、ちょっと誇らしい感じです。

技術的にはすごいけど?!

 次にご紹介するのは、またしても、MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボが開発をした画期的な技術です。「つい最近」と言うわけではありませんが、面白かったので、紹介させて下さい。

 180度に張られた3面と、目の前のテーブルにあるのと、合計4枚の大型ディスプレーに表示される画面(動画、静止画を問わず)を、人の手の動作で、縦横無尽に操っています。

 ある意味、すごいんですが、一体、何に使ったらいいんだろうという技術だと思います。

 このデモでは、「手」と書かれたサイコロが、画面いっぱいに動いていて、このサイコロを、動作で思いのままに操り、画面をまたがって、移動させています。このデモにはありませんが、ちょっとだけ、実用的かなと言うところでは、会議室が壁中ディスプレーになっていて、会議の効率を上げていて、かつ、遠隔地から参画している人とも画面を共有できるようです。

 実はこの技術、トム・クルーズの『マイノリティー・リポート』という映画で使われて、話題になったものの進化版です。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧