1980年代半ば、日本の台頭はレーガン政権にとって最大の課題であり、米国は常に関税をちらつかせていた。そして米国は現在、同様の課題に直面している。