セクハラ女課長の猛アタックに辟易!イケメン社員の悲鳴は職場に届くか
職場で問題になる社内不倫やセクハラ。被害者から相談があった時、会社は適切な対応をとっているだろうか?放置していると大変なことに…(写真はイメージです) Photo:PIXTA

8月上旬、20代のイケメンBが中途入社した。直属上司となる女性課長は既婚だったが、自分好みの男性だったため恋心に火がつき猛アタック。Bは課長の上司のC部長に相談するが、軽くあしらわれてしまう。年が明けた営業部の新年会で、Bはついに課長から不倫関係を要求され…。(社会保険労務士 木村政美)

<甲社概要>
 OA機器販売会社。従業員数約100名。
<登場人物>
A:営業課長。女性。40歳。既婚者。仕事面ではヤリ手だが、イケメンの新入部下に一目惚れ、自分の立場を忘れて猛アタックする。
B:8月に中途採用された営業部の社員で、A課長の部下となる。28歳、独身。
C:営業部長45歳。A課長の上司。
D:総務部長。C部長の同僚で仲が良い。
E:D部長の友人で甲社の顧問社労士。

イケメン部下の入社に一目惚れした女課長
同行活動終了時から猛アタック!

(背が高くて、涼しげな目元。爽やかな雰囲気がまさに私のタイプ!ビンゴ!)

 8月上旬のこと、A課長はBを一目見るなり、心の中で万歳した。なぜなら前任の部下が退職してからすでに1年が経ち、待望の部下がようやく入ってきたからだ。しかも自分好みのイケメンに、A課長はたちまちBの虜になった。

 Bが1週間の社内研修を終えると、A課長は上司として、1ヵ月間営業に同行することになった。営業先との商談を次々とまとめ、テキパキと仕事をこなすA課長に、Bは尊敬のまなざしを向けた。