チェスをする女の子Photo:PIXTA

 わが子が優秀な成績を収めたり、仕事で活躍したりすることを願わない親がいるだろうか。

 研究ではこうした成果が高い知能指数(IQ)と結びつけられている。最近の多くの研究で、子供のIQスコアを高めるために親はどこまでできるのか――あるいはできないのか――について新たなことが分かった。

 小さな子供向けの脳訓練プログラムの歴史は失敗だらけだ。1990年代に乳児を賢くすると宣伝していた教育ビデオ「ベイビー・アインシュタイン」は、その後信用されなくなった(「ベイビー・アインシュタイン」ブランドは存続し、他のベビー用品や玩具を販売している)。

 子供の知能を高めるために頻繁に勧められる方法を検証してみた。

楽器の練習

 昔から、音楽をたしなむと頭が良くなると言われている。楽器の練習をすることと知能の向上は幾つかの研究で関連づけられている。

 だが双子1万0500人を対象とした2015年の調査では、そうした結果にならなかった。

 代わりに、IQの高い人の方が楽器を練習し始め、それを続ける確率が高いことが分かった。

 ただ、楽器の練習には「プラセボ効果」があり、その気になった子供が張り切るのだとも考えられる。また、音楽の訓練で集中力や記憶力などが高まる可能性もある。