中国の最高指導部が、汚職疑惑の渦中にあったマレーシア政府系ファンド救済に手を貸すことを提案していたことが、WSJの確認した資料などで分かった。