メキシコの悪名高い麻薬王ホアキン・グスマン(通称エルチャポ)被告の裁判によって、これまでベールに包まれていた密輸組織「シナロア・カルテル」の実態が明らかになった。検察側は、カルテル組織の元ボスたちを含め、何十人もの証人を登場させた。彼らの証言で判明したのは、グスマングスマンとその仲間たちが、何十億ドルもの規模の麻薬帝国をいかにして築き上げたかということだった。