サウジの実質的な統治者であるムハンマド皇太子は、アラムコIPOなど経済改革を進めようとしてきた。しかし、王国の内側では反発に直面している。