人を動かすには「15秒で伝える」ことを心がける!
元人気DJ、さらに不動産会社でのトップ営業やベンチャー企業で取締役営業本部長を経験、そして、現在はトップ講師プロデューサーとして、延べ2万人を指導している話し方のプロが教える新刊、『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!』
この著書の発売を記念して、研修などで教えているノウハウや、すぐに使えるワザをご紹介します!
営業職はもちろん、部下や上司とのコミュニケーションで悩んでいる人は必見です。

会社でチームを組ませるなら
この5人のキャラは最強!

この連載の第1回はコチラ

先日、ジャニーズ事務所の人気アイドルグループの嵐が活動休止を発表しました。
その際の記者会見を見ていて、彼らの人気の秘訣が垣間見えた気がします。

というのは、グループ(会社でいえばチーム)を作る際は、それぞれのメンバーの個性やキャラクターが非常に重要になりますが、嵐の5人は完璧なまでにキャラが分かれていたからです。

それぞれが個性を尊重し、それぞれを補完しあうことでチームワークも良く、20年もの長い間活躍し続けたのだと思います。

このチームの在り方は、一般の会社でも非常に参考になりますので、嵐の5人のキャラを分析しつつ、なぜ、長年に渡って活躍し、多くのファンから愛されたのかを考えていきたいと思います。

私の著書『相手のキャラを見きわめて15秒で伝える!最少の手間で、最高の結果を出す方法』
では、人を5つのキャラにわけて説明をしました。5人はまさに、その5タイプで説明できます。

<大野智さん>
今回の活動休止では「自由に生活をしてみたい」という思いを素直に話しました。芸術的なセンスにも長けていて、愛されるキャラの大野さんは「オモシロタイプ」と言えるでしょう。
自身の感性を大事にし、個性的であることやクリエイティブな分野に興味を惹かれるタイプです。

<櫻井翔さん>ロジカルタイプ
ニュース番組のキャスターも務めるほど才色兼備な印象があります。記者会見でも厳しい質問に対して冷静に落ち着いて対応する姿はさすがです。タイプとしては「ロジカルタイプ」と言えるでしょう。論理的に物事を考え、落ち着いてしっかりと考えてから発言をします。

<相葉雅紀>やわらかタイプ
ガツガツ前に出るタイプではありませんが、その人柄の良さや柔らかいキャラクターが愛されています。記者会見でも受容力があり、気遣いのある言葉が印象的でしたので「やわらかタイプ」と言えるでしょう。相手への貢献欲求も高いタイプです。

<二宮和也>バランスタイプ
記者会見を見ていて感じたのはバランス感覚の良さです。記者からの厳しい質問にも、メンバーが答えにくいと見ると口火を切り、見事に場の空気を柔らかくする柔軟性がある「バランスタイプ」と言えます。論理と感情などバランスよく持っている為周りが良く見えます。

<松本潤>ガツガツタイプ
非常に芯が通って自分の意志をしっかり持っている印象です。記者会見でも自分の考えをしっかりとブレずに述べている姿が良かったです。自ら切り拓く力や向上心の強さなどが見られる「ガツガツタイプ」と言えるでしょう。若いのに芯がしっかりした印象です。