Case5  リボンは閉じる

 アウトルックの画面は、メールの全体感を素早く把握するためにも、本文におけるスクロールの回数を減らすためにも、少しでも広くしたいものです。画面を広げるために効果があるのが、リボンを非表示にすることです。

 リボンとは、画面の上部にある機能ごとのボタンを表示する領域です。リボンを非表示にすればリボンのスペースをメールや予定表の画面に使えるようになります。わずか3cm程度ですが、表示できるメールの件数や行数が増え、操作がスピードアップします。

リボンも閉じよう!

 リボンの表示と非表示を切り替えるには、[Ctrl][F1]を使います。図のようにリボンが表示された状態で[Ctrl][F1]を押してください。

表示件数が増える

 リボンが非表示になります。リボンの非表示によって、メールが2から3件多く表示できているのがおわかり頂けるかと思います。

 この状態でもう一度[Ctrl][F1]を押すとリボンを再表示できます。

 リボンを非表示にすると画面が広くなるのはわかっても、「[返信]のようなボタンを押したいときには、どうしたらいいのだろう?」と思う人がいるかもしれません。「ボタンを押すために、わざわざリボンを表示するなんて面倒!」と感じる人もいるでしょう。

 でも、ご安心ください。アウトルックでは約10個のショートカットキーで主な操作をすべて行えるのです。そして、ショートカットキーを覚えれば、マウスを使うのと比べて作業時間を大幅に短縮できて、生産性が向上します。

 そこで、ぜひリボンを閉じることを目標にショートカットキーを習得してください。先にリボンを閉じてしまって、その不便さをバネにショートカットキーを覚えるというのもいいですね。

 今後の連載では、必須ショートカットキーを紹介していきたいと思います。