桜の季節の悪天候
桜の季節の悪天候、理不尽な校則に振り回されていませんか(出典:写真AC)

小学校や中学校には理不尽であったり、理解しがたい規則がたくさんあります。4月に入り、東京で雪が降った際も、防寒着は3月までという規則のために防寒着を着させてもらえなかった学校もあったようです。もしも雪の時に地震が発生したら、防寒着も着ていないとなると、寒いと感じる否かを超え、生死に関わる問題になってしまいます。何が問題なのか、リスク対策.comの人気コラムニストであるアウトドア流防災ガイド・あんどうりす氏が解説します。

合理性ない判断は命の危険も

 2019年4月、全国各地で雪が観測されました。まさか、うちの地域で4月に雪なんてという声も各地で聞こえてくる一方で、1988年の昭和最後の4月8日にも関東で雪が降っていたという報道もありました。みなさんの地域ではいかがでしたでしょうか?

 雪の予報が出た時、小中高生の親たちの間で「4月に雪だと、一体どうすれば?」という声があがりはじめました。というのも、学校の校則に以下の規定がある地域がいくつか存在するからなのです。