ダイエットをして体重は落とせても、一番落ちてほしくない胸から落ちてしまい、なぜか下半身は太いまま……なんてことありませんか?こんなお悩みに答えをくれるのは、18年間ダイエット女性の食事記録をとり、細かく体のサイズの変化を計ることで「何を食べると、どこが太るか」を研究しつづけてきた、プロポーション研究家の蓮水カノンさん。著書『下半身からやせる食べ方』の中から、4,000人に指導した運動なしで、やせたいところからやせる食べ方を教えていただきました。

根菜の煮物で、お尻、太ももが大きくなる!

私はこれまで、青山のダイエットサロンで18年間、食事指導によるプロポーション改善のお手伝いをしてきました。サロンでお客様の食事記録のデータをとり続けていると、一般的にはダイエットや健康によいと言われているのに、実は下半身太りや部分太りになりやすい……そんな食べ物が本当にたくさんあるということに気がづきます。今回ご紹介するのは、私のサロンのお客様の中でも、とくによかれと思って食べている方がとても多かった煮物です。

多くの方は、「野菜だし、体にいいから大丈夫!」と考えて、煮物をメインのおかずや定番の副菜にして食べています。しかし、根菜の煮物のように調味料をたっぷり絡めて、油で糖質を食べると、素材のままで食べるよりも体に吸収され、体重も増えます。『下半身からやせる食べ方』の中でも、調味料をとりすぎると脚が太くなるとご紹介していますが、鍋全体にしっかりと味付けする煮物は、タレやソースをつけて食べる際に比べ、明らかにたくさんの調味料をとることになります。

ニンジン、レンコン、イモ類、ゴボウなど、火を通した根菜の煮物は、お尻や太もも回りを太くします。私のダイエットサロンにいらっしゃる、お尻が大きい方、脚が太い方の食事記録には、頻繁に根菜の煮物が登場します。中には、1食につき3種類くらいの煮物が並ぶ方もいました。根菜の煮物は日持ちするので、何種類かの煮物を冷蔵庫に作り置きして、よく食べているという方も多いでしょう。しかし、やせている方の食事記録を見ると「根菜類はあまり食べない」という方がほとんどなのです。

便秘もしていないのに太っているという方は、根菜の食べ過ぎが原因かもしれません。頻繁に食べているようであれば、ダイエット期間中は一度排除すると、サイズに変化が表れるはずです。煮物をメインにせず、きちんと肉、魚を食べるようにしましょう。よくダイエットのために、ごはんを抜いて、その分副菜を追加している人がいますが、それで下半身からやせることはありません。

ですから、私が『下半身からやせる食べ方』の中でご紹介している、「下半身からみるみるやせる基本のメニュー」には、ごはんはありますが、副菜はありません。

煮物を副菜として食べたい場合は、下半身やせしたいのであれば、30グラム、小鉢1杯程度を目安にしてください。お茶碗1杯のご飯よりも、同量の煮物のほうが太ります!