#1 6/27(木)
国を挙げての「ゾンビ銀行」退治の幕が開いた

ゾンビ銀行 #1

 国や地方の成長戦略の司令塔である「未来投資会議」が6月に発表した「成長戦略実行計画案」。その中には地銀に「特例法を設ける」ことが明示されていた。

 しかし、それは成長戦略とは程遠く、弱った銀行を集中的に再編淘汰することをうたった、国を挙げての「ゾンビ銀行」退治の宣言だった。

#2 6/28(金)
金融庁の標的は? 全国111銀行危険度ランキング

ゾンビ銀行 #2

 国が銀行を集中的に再編淘汰する方針を掲げたのと時を同じくして、監督官庁である金融庁もある制度の見直しに着手していた。それは、銀行の「将来の収益力」にフォーカスして「伝家の宝刀」である行政処分を下せるようにするという、銀行業界が戦々恐々とする方針転換だった。

 その切っ先はどこへ向かうのか。ダイヤモンド編集部が5つの指標に基づいて独自に作成した、全国111銀行危険度ランキングで占う。

#3 7/1(月)
本業崩壊で「稼げない銀行」の絶体絶命

ゾンビ銀行 #3

 融資先として信頼に足るかどうかを判断する上で必要だからと、企業に経営計画の提出を求める銀行。しかし、自らはとんだ「机上の空論」の中期経営計画を描いていた。

 その背景には、従来の常識で計画を立てていたのでは成り立たないほど、すさまじいスピードで進む本業崩壊があった。