引きこもり状態の家庭ではしばしば暴力行為がみられる
写真はイメージです Photo:PIXTA

「引きこもり状態」の子どもがいる家庭ではしばしば暴力行為が見られる。このような家庭内暴力にはどのように対処すべきか。筆者のカウンセリングしたケースで、その対処法を説明する。(ストレス・マネジメント研究者 舟木彩乃)

引きこもりによる家庭内暴力への
対処のポイント

 私は、今まで約8000人のカウンセリングをしてきました。その中で「引きこもり」についての相談はほとんど親の側からであり、引きこもっている子どもの側から相談を受けることは、あまりありませんでした。このことは、引きこもりの本人が他者とつながることの難しさを表しています。

「引きこもり状態」の子どもがいる家庭では、しばしば暴力行為が見られますが、その発生率はよく分かっていません。一言で「家庭内暴力」といっても、慢性や一過性などさまざまなタイプがあります。家庭内暴力は「特定の疾病」を示すものではないために、包括的で信頼できるデータが乏しいからです。

 家庭内暴力は、「悲劇」が起こるまで表面化しにくい、という特徴があります。

 長男を殺害したとして送検された元農水次官・熊沢英昭被告は、長男が引きこもりがちになった中学生頃から、両親に対する暴力が始まったと供述しています。長男は10年以上前から別居していましたが、5月下旬に実家に戻った後、再び暴力が始まったということです。しかし、区役所など行政は、熊沢容疑者から相談が寄せられたことはなかったと言っています。

 引きこもり状態における「家庭内暴力」の対処ポイントは、「密室化」と「リミットセッティング」です。この2つのポイントを具体的に説明する前に、私がカウンセリングでかかわった事例をご紹介します。