家庭でできることは
「安い」だけで買わないこと

 まず簡単に家庭でできることは、「安いから」という理由だけで食べ物を買わないことだ。

 多くの家庭では買い過ぎた結果、冷蔵庫に入れっぱなしで出さない。つまり、冷蔵庫を「便秘」状態にしないことだ。

 例えば、仕事であれば予算を管理し、価格だけではなく品質も考慮した買い方をしているはずだ。単に「価格が安い」からといって、際限なく買うことはしない。

 なのに、なぜ多くの家庭では、セールやポイント付与、賞味期限切れ食品を破格で売る店、お中元・お歳暮解体セールなどで、食べ物をカゴいっぱいに詰めて買うのだろう。

 仕事では、在庫管理もきっちりしているはずだ。なのに、なぜ家庭では「在庫」がたまり、冷蔵庫がパンパンになるのだろう。

 あるファイナンシャルプランナーいわく、「お金がたまらない家は冷蔵庫や冷凍庫がパンパン」だという。これは、在庫管理や家計管理がしっかりできていない証拠だ。