9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。
だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
鋳物(いもの)の産地・高岡市といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や、小さな町工場「能作」が観光名所の第2位に浮上。直近では「月1万人」ペースで、ビジネスパーソンから親子まで見学者が殺到しているのだ。
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、なんということだろう。社長就任時と比較して、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、「営業なし」「社員教育なし」で!
工場見学にきたある小学生は「ディズニーランドより楽しかった」と言ったとか。
今や、能作の商品は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の能作克治社長の初の著書『〈社員15倍! 見学者300倍!〉踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、いよいよ10月10日に発売される。創業103年の「踊る町工場」で、一体全体、何が起きているのか?
多忙な能作克治社長を直撃した。

「行き当たりばったり経営」って何?

――年間12万人が訪れる御社では「目標数字を立てない」「社員教育をしない」「営業部もつくらない」というではありませんか。これは従来の経営にケンカを売るような手法ですが、どういうことですか?

能作:僕は、基本的に「行き当たりばったり」の経営をしています(笑)。
 なぜなら、そのほうが錫と同じで臨機応変に、柔軟に対応できるからです。

――錫と同じ? どういうことですか?

能作:「利益の配分のしかた」に経営者の考えが表れるとすれば、僕の場合は、お金を「貯め込もう」とも、「使いきろう」とも思っていません。
「来年度は、この事業をこうする」「来年度は、ここにお金を投資する」と計画を立てるのではなくて、「使うときがきたら使うし、使う予定がないなら使わない」という緩い考え方です。

――緩い考え方?

能作:はい。
「受注が増えてきた。じゃあ、人を採用しよう」
「材料が足りなくなってきた。じゃあ、材料を調達しよう」
「機械が必要になった。じゃあ、機械を購入しよう」
 と必要に応じて対応しています。

――そんなことで儲かるわけないじゃないですか。経営では「PDCA」が大切です。まずは「計画」を立てるのが筋ではないのですか?

能作:「株式会社 Hacoa(ハコア)」(越前漆器の木地<きじ>技術を応用した木製雑貨メーカー/福井県鯖江<さばえ>市)が主催したトークショーに招かれたときのことです。
「能作もHacoaも楽しく仕事をしている」ことを知った傍聴者の女性から、トークショー後の懇親会で次のような質問がありました。

女性:能作さんには、数字の目標はないのですか?

能作:目標も、計画も、それほど細かく決めてはいません。計画を守ろうとすると、義務感が生じて「やらされ仕事」になってしまう。仕事は自由にやったほうが楽しいですからね。

女性:私の場合だと、次から次へと上から指示されるので、自由に仕事をするのは難しいですね。数字や計画が優先ですから……。ある程度は任せていただき、自由にやらせてもらったほうが力を発揮できるのに……。

能作克治(のうさく・かつじ) 株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール 名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。本書が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp