9月12日、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で、話題の「能作(のうさく)」が取り上げられた。「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、3000円以上かかる片田舎にある。
だが、今、「能作」に、年間「12万人」が殺到しているという。
鋳物(いもの)の産地・高岡市の観光名所といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や小さな町工場「能作」が第2位に浮上。直近では月1万人ペースで子どもからビジネスパーソンまで幅広い層が訪れる。
先日、記者も訪れたが、「能作」周辺は、おだやかな田園風景が広がっていた。
なぜ、今、「富山の奇跡」ともいうべき“怪現象”が起きているのか?
聞けば、能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の娘と結婚し、婿(むこ)入り。「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2〜3年目で年収500万円超。それが小さな町工場の鋳物職人となり、年収130万円と3分の1以下に急落したという。
そんなある日、めずらしく「工場見学をしたい」という電話があった。小学校高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。そこからの能作はすごかった。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者の意)」と呼ばれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、必死に働いた。途中、臓器を壊して4リットルの下血も経験した。
そして2017年、13億円の売上のときに、総工費16億円をかけ新社屋を建てた。すると、工場見学者が急増。2002年の社長就任時と比較して、社員15倍! 見学者300倍! さらに売上も10倍に! しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、営業なし、社員教育なしで、社員も、取引先も、見学にくる大人も、子どもたちも、みんな笑顔になるというから驚きだ。ある小学生は「ディズニーランドより楽しかった!」と言ったとか。まさに、ここは「踊る町工場」ではないか。
「伝統産業に轍(わだち)をつける」「より能(よ)い鋳物を、より能(よ)くつくる」がモットーの能作の商品は、ニューヨークや、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の人生の能作克治社長の処女作『〈社員15倍! 見学者300倍!〉踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、10月10日(木)に発売されるという。創業103年の「踊る町工場」で、今、何が起きているのか?
能作克治社長を直撃した。(取材・編集:寺田庸二)

なぜ、「踊る町工場」に
人が殺到しているのか?

熱風と対峙する踊るイケメン職人

――能作さんの町工場は、社員も、取引先も、工場見学者も、わくわくする「踊(おど)る町工場(まちこうば)」といわれているとか。

能作:ありがたいことです。工場見学にきた方が、あるとき、こうおっしゃってくれました。
「私が工場見学をしたとき、1200度の真鍮(しんちゅう)の前で、筋肉ムキムキの若手職人が真剣に熱風と対峙していました。その近くでは、軽やかに型をつくる職人。彼の無駄のない動きに度肝を抜かれましたね。さらに、幼稚園児や保育園児が職人のすぐ横を電車ごっこをしながら工場見学している姿も印象的でした。まさに、ここは“踊る町工場”ですね」

みなさん、おもしろがってくださって、ありがたいことです。

――聞いたところによると、社員数も、見学者数も、売上も、すべて右肩上がりとか。創業103年の伝統産業で驚異的です。しかもすごい数の人が見学にくるそうですね。

能作:はい。国内外から年間12万人のお客様がこられます。

――12万人? 先日、御社にお邪魔しましたが、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで3000円以上かかりました。失礼ながら、あたりは何もない田園風景が広がっていました。こんなところに、これだけの人が殺到しているのはある意味、「富山の奇跡」と言ってもいいと思います。なぜこんな“怪現象”が起きているのでしょうか?

あたりは何もない田園風景

能作:それは、僕らが楽しみながら仕事をしているからかもしれません。
 僕は、「数字至上主義は、仕事をつまらなくする」と思っています。能作の原動力は、「楽しむこと」です。
 目先の利益よりも大事なのは「楽しさ」であり、「楽しんで仕事をしていれば、お金は勝手についてくる」と信じています。
 僕も社員も、「次から次へと、新しい仕事を手がける」ことが何よりも楽しい。それが原動力になっているのかもしれませんね。
 でも、下請け仕事ばかりをやっていた頃の旧工場は暗かったんです。
 下請けから抜け出そうとしましたが、なかなかうまくいかない時代が続きました。

昔の工場は暗かった
下請けからなんとか抜け出したいと思ったが……

――こんな時代もあったのですか! 今の状況を見ると、にわかには信じられませんね。

能作:はい。よくいわれます。

――先ほどの話に戻ると、「楽しい仕事ばかりやっていても儲からないのでは?」というのが経営者やビジネスパーソンの本音のような気もするのですが……

能作:そうでしょうか。僕は、これまで「楽しい」と思ったことには惜しみなくお金を使ってきました。

――どういうことでしょうか?

能作克治(のうさく・かつじ)
株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール 名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。本書が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp