服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。

「時計」は必須アイテム!

スマホがあるから時計は必要ない

たしかに、その意見はわかります。
しかし、女性と異なり、男性はおしゃれに見せるための選択肢が少ないです。
その中でも「時計」は、男の人でも堂々とつけられるアクセサリーです。

「ここぞ!」というときには、必ず付けるようにしましょう

おすすめは、「カジュアルな黒文字盤」です。特に、ミリタリーウォッチダイバーズウォッチという種類がセンスよく見えます。

「センスよく見える時計」(イラスト:須田浩介)

そこまで高いブランドは必要ありません。
値段より「センスのよさ」で勝負しましょう。

おすすめのブランドは、「セイコープロスペックス」のLOWERCASEプロデュースモデルや、ミリタリーウォッチの「TIMEX」「ハミルトン」などです。
ぜひ、調べてみてください。

さりげないブレスレットは女性ウケもいい

ネックレスや指輪、ピアス、ウォレットチェーン…。
アクセサリーをたくさん付けている男性は、どうしてもキザっぽく見えてしまいがちです。
その中でも、唯一、女性ウケがいいものがあります。それが、「ブレスレット」です。

「センスよく見えるアクセサリー」(イラスト:須田浩介)

上のようなシンプルなブレスレットがおすすめです。
素材は「ビーズ」や「石」でできた、一連タイプのものを選びましょう。
ZOZO楽天などの通販サイトで購入できます。ぜひ一度、調べてみてください。

以上、男性でもおしゃれがしやすい「2つの小物」を紹介しました。
値段も心理的ハードルも低めで、取り入れやすいものばかりなので、一度、チャレンジしてみましょう。