服について考えるのは、めんどくさい。アイテム選びがめんどくさいし、コーディネートもめんどくさい。そんな男性に向けて、新刊『服がめんどい――「いい服」「ダメな服」を1秒で決める』で最短で私服を決める方法を説いた大山旬氏。「これさえ持っておけば間違いない!」という小物選びの理論を伝授する。

ほどよいアクセントを選ぶ

寒くなってきて、防寒に欠かせないアイテムが、「手袋」です。
自分で買うのもよいですが、プレゼントとしてもらえると非常に嬉しい小物です。
とはいえ、手編みで柄の目立つ手袋は、「子どもっぽい」ので、大人のおしゃれには馴染みません。
それでは、どういう手袋がよいのでしょうか。

「おしゃれな手袋」(イラスト:須田浩介)

おすすめは、「ハリスツイードの手袋」です。
上のイラストのように、「ヘリンボーン柄」が程よいアクセントでセンスいいです。
あるいは、「グレンチェック柄」もおしゃれです。
色は、「グレー」や「ネイビー」などの落ち着いた色を選びましょう。
赤や青などの鮮やかな色だと、全体の着こなしで変に目立ってしまい、おしゃれには見えません。

キザすぎるのはNG

男性が選びがちなのが、「オールレザー素材の手袋」です。
これは、スーツスタイルには合いますが、私服の場合は、NGアイテムです

同様に、指の先端が切れているものや、金属の装飾が付いたものなど、ロックミュージシャンやホストのような手袋も、キザすぎて絶対にNGです

以上、手袋について簡単に説明をしました。
「普段は手袋なんてしない」
そんな男性が身近にいるかもしれません。
ぜひ、ボーナスシーズンやクリスマスシーズンに、おしゃれな手袋をプレゼントしてみましょう。