今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

アイコンタクトとスマイル、
ハロ~+一言ツッコミで話しかけよう

 スモールトークの始まりは、笑顔とあいさつです。

 あいさつの後に時間が許せば、思い切って質問やコメントを続けてみましょう。

 苦手意識を持たず、自然なアイコンタクトと笑顔を意識して心がけます。

 声のトーンは明るく、相手に聞こえやすいように。小さい声でモゴモゴ話したのでは伝わるものも伝わりません。

 日本語は口もとをつかって話をしますが、英語はお腹から声を出して話す言語です。普段より声を大きくしただけでも伝わる確率が上がりますので、ぜひ実践してください。

 一般的に、身振り手振りなどを含めて、積極的にコミュニケーションをとろうとする姿勢は好意的にうつります。

 ただし、緊張した時にありがちな過剰な動作や、体を揺さぶるような仕草は不自然なので気をつけましょう。猫背にならず、堂々とした姿勢で相手の話に耳を傾ける、自然にうなずくことも大事です。

 緊張して早口になるのも気をつけましょう。テンポのいい会話をしようと頑張りすぎず、相手がよほど急いでいなければ、ゆっくり構えて話してかまいません。

 実は、私も質問にはすぐに返答しないといけないと思いこんでいた時期があります。ある時スモールトークの相手から、
“That’s so quick.”「あなたの返答、ずい分早いわね」とちょっと残念そうに言われて、はっとしました。

 彼女は、私との会話を適度なペースで楽しみたかったのだと思います。

 ちょっとしたスモールトークを楽しむ時は、お互いの発言の間に心地良い間があっていいのです。ゆっくり答えても大丈夫、とプレッシャーをかけないでいきましょう。