Photo:Kyodonews

フィービジネスは高利益率
日本M&Aセンター、カカクコムも

 今回は、上場企業の4~9月期または3~8月期(小売業に多い)の中間決算のデータを使い、「各都道府県で最も利益率が高い会社ランキング2019中間決算」を作成した。

 上場企業を対象に、各都道府県で最も営業利益率(営業利益÷売上高×100で算出)が高い会社をピックアップし、利益率が高い順にランキングした。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。

 それでは、上位の都道府県から確認していこう。

 1位は、東京都に本社がある全国保証で、営業利益率は72.7%だった。売上高に当たる営業収益176億円に対し、営業利益は128億円となっており、まさに異次元の高収益企業だ。

 同社は独立系の信用保証最大手である。業種は「その他金融」で、物を作って売る企業ではない。銀行や信用金庫など多数の金融機関と契約して、住宅ローンを中心に信用保証業務を行っている。

 同社のように、顧客にサービスを提供する対価として手数料を受け取るフィービジネスの企業は、利益率が高いことが多い。

 東京都で営業利益率が30%を超えた企業は34社あった。このうち、不動産担保ローンのアサックス(その他金融)の利益率は68.4%、中小企業のM&A(合併・買収)仲介で最大手の日本M&Aセンター(サービス)は51.9%、グルメサイトの「食べログ」や価格比較サイト「価格.com」を運営し、掲載店から手数料を得ているカカクコム(サービス)が46.0%などと、実際にフィービジネス企業が目立つ結果となっている。