「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15ヵ国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

Photo: Adobe Stock

仕事ができる人ほど感謝の気持ちを表す

 グローバル社会では「感謝の気持ち」を伝えることが重要です。感謝の気持ちを伝えるということは、言われた側の気持ちを明るくするだけでなく、言う側も「この成功は皆のおかげ」という心持ちで発言できるからです。

 グローバル企業で活躍する「仕事ができる非ネイティブ」になればなるほど、さまざまな状況で、「感謝の気持ちの言葉」を水が湧き出るように発していました。

 私も彼らにならって、誰かにお世話になったときや、気心の知れた仲間の間で、その日一番の楽しい話を聞いたあとなどに「You made my day!」(〔あなたの〕おかげで本当にいい一日になりました!)と言います。「感謝の気持ちの言葉」を付け加え、いい気分になってもらえるように努めましょう。

褒められたときは、
謙遜せずにうれしさを表現しよう

 また、グローバルな環境なので、逆にこちらが褒めてもらえることもあります。そんなときは「いえいえ、そんなことはありません」と、謙遜してしまいがちです。英語の会話ではあまりに否定してしまうと、褒めた相手が「うれしくなかったのかな?」と混乱してしまいます。

 英語で褒められたときは素直に「Thanks!」や本フレーズ「You made my day!」(〔あなたに褒められた〕おかげでいい一日になりました!)を使って感謝の気持ちを返すと、褒めてくれた相手はうれしい気持ちになります。

 同僚のおかげで仕事がうまく進んでうれしいときや、面白い話で笑わせてもらったときなどあるでしょう。その日一日で一番幸せな気分になったら、「You made my day!」と最大級の感謝の気持ちを伝えて、相手にもいい気持ちになってもらうのです。「あなたがしてくれたことで、今日一日ハッピーに過ごせる」というような意味で使われることが多いです。

 私もちょっとしたときに、このフレーズを言ってもらえるだけですごくうれしい気持ちになります。嫌なことがあっても、何気ない一言や優しさで今日がラッキーな日に変わる。そんな体験が誰しもあると思います。

 誰かの優しさや素敵な場面に遭遇したとき、「You made my day!」で返してみましょう。また、本フレーズを言ってもらえるように過ごせれば、毎日が充実してくるはずです。