「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15ヵ国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

「aim」を使って、仕事へのやる気、
目的・成果を出す意志を伝える

 これから行うことについて話すとき、「I will ~」(~を行うつもりだ)、「I think ~」(~することを考えている)などを使うことが多いかと思います。普段はそれで大丈夫ですが、「絶対に成果を出します!」という強い意志を込めたいときは、「aim」を使います。

 「aim」は「(銃の)狙いをつける」「(銃などを)的に向ける」などの意味合いから、「狙う」「志す」「目指す」などの意味も持つ単語です。

 非ネイティブは、「実現可能な目標・目的を頭の中に描いていて、行動をすでに始めている」ことを示唆するときに「aim」を使っているのです。

自信にあふれていることを
力強くアピールする

 ビジネスでは成果を出すことが求められるので、「成果を出す意気込み」を、上司やクライアントへアピールすることが大切です。

 特に海外で活躍する非ネイティブは、ネイティブ以上に成果を出して、存在価値を示さなくてはいけません。だからこそ、単に意思を伝える「I will ~」や「I think ~」だけでなく、時には「aim」を使って自信にあふれていることを力強くアピールする必要があるのです。

 目標とする具体的な数字を示したり、目標達成を具体的に示したりしたいときは、「I aim to double revenue through the project.」(プロジェクトを通して収益を2倍にするつもりです)のフレーズで、「aim」を使って、これから得られる成果をアピールします。

「aim」を用いて、仕事の成果を最大化するためのやる気、そして、成果を出す意志をしっかり伝えていきましょう。