「英語が全然話せない」「皆の会話に入れない」「会議で一言も発言できない」。ネイティブを前にしたとたん、「英語が通じない」と悩む日本人は多くいます。一方で、日本人と同じく、英語でハンディがあるはずの非ネイティブは、うまくやっています。なんと、ビジネス英語には、非ネイティブが身につけるべき「絶対ルール」が存在したのです。
1年2ヵ月売上ゼロで窮地に追い込まれた著者が、今ではネイティブを部下に持ち、15ヵ国以上の外国人プロフェッショナルをマネージするきっかけとなった、非ネイティブが実践しているテクニックを『ビジネス現場で即効で使える非ネイティブエリート最強英語フレーズ550』にまとめました。学生時代に学んだ単語でじゅうぶん。使えるフレーズを多用し、ポジティブで丁寧な言い回しを意識すれば、英語での会話は怖くありません。「こんなとき、なんて言えば?」があっという間になくなるキーフレーズを中心に紹介します。

「monitor」を使って、
仕事やプロジェクトの進捗状況を伝える

 任されたタスクやプロジェクトの経過を、管理して見守る場合があると思います。そんなときは、
・「look」:(意識的に目を向けて)見る
・「see」:(視覚に映るものを)見る
・「watch」:(動いているものを)じっと見る
・「observe」:観察する
・「confirm」:確認する
 といった単語も使えますが、これでは単に視覚的に確認・観察するだけの、一時的な確認という意味になります。そこで「monitor」を使います。

「monitor」には「絶えず観察する、絶えず監視する」といった意味があります。このため「時間を追って一定周期で、しっかり経過や状況を確認しています」と表現できるのです。

 ビジネスでは、重大な案件をその場で決定しなければならない、難しい状況に追い込まれるときがあります。「でも今すぐには決められない!」、そんな場合に、「monitor」を使います。

「Let’s monitor the progress.」と、「しっかり定期的に経過や状況を見てから、判断していきましょう」と、「即決できないこと」をポジティブな言い回しで伝えることができるのです。

「定期的に見ている」という安心感が大事

 仕事でのパフォーマンスを厳しく評価される非ネイティブは、「monitor」を使って「定期的に経過をちゃんと確認しているよ」というイメージを生み出して、上司やクライアントに安心感を抱かせているのです。

 ただ単に一時的に見る・チェックするという単語を使うのではなく、「monitor」を使うことで、「一度や二度ではなく、定期的にしっかり観察しつつ、進捗も報告していて、抜けや漏れはありません」とアピールできるのです。相手を安心させる単語で信頼感を勝ち取りましょう。