「HILLTOP」は「三ちゃん企業」だった!

能作克治(のうさく・かつじ)
株式会社能作 代表取締役社長
1958年、福井県生まれ。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒。大手新聞社のカメラマンを経て1984年、能作入社。未知なる鋳物現場で18年働く。2002年、株式会社能作代表取締役社長に就任。世界初の「錫100%」の鋳物製造を開始。2017年、13億円の売上のときに16億円を投資し本社屋を新設。2019年、年間12万人の見学者を記録。社長就任時と比較し、社員15倍、見学者数300倍、売上10倍、8年連続10%成長を、営業部なし、社員教育なしで達成。地域と共存共栄しながら利益を上げ続ける仕組みが話題となり、『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)など各種メディアで話題となる。これまで見たことがない世界初の錫100%の「曲がる食器」など、能作ならではの斬新な商品群が、大手百貨店や各界のデザイナーなどからも高く評価される。第1回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査委員会特別賞、第1回「三井ゴールデン匠賞」グランプリ、日本鋳造工学会 第1回Castings of the Yearなどを受賞。2016年、藍綬褒章受章。日本橋三越、パレスホテル東京、松屋銀座、コレド室町テラス、ジェイアール名古屋タカシマヤ、阪急うめだ、大丸心斎橋、大丸神戸、福岡三越、博多阪急、マリエとやま、富山大和などに直営店(2019年9月現在)。1916年創業、従業員160名、国内13・海外3店舗(ニューヨーク、台湾、バンコク)。2019年9月、東京・日本橋に本社を除くと初の路面店(コレド室町テラス店、23坪)がオープン。新社屋は、日本サインデザイン大賞(経済産業大臣賞)、日本インテリアデザイナー協会AWARD大賞、Lighting Design Awards 2019 Workplace Project of the Year(イギリス)、DSA日本空間デザイン賞 銀賞(一般社団法人日本空間デザイン協会)、JCDデザインアワードBEST100(一般社団法人日本商環境デザイン協会)など数々のデザイン賞を受賞。デザイン業界からも注目を集めている。『社員15倍!見学者300倍!踊る町工場』が初の著書。
【能作ホームページ】 www.nousaku.co.jp

山本 そう。ただただ日銭のために労働した。あれが嫌で嫌でたまらなかったですね。

能作 私も同じ状況だったので、よくわかります。

山本 僕らは「三ちゃん企業」ですから。
「三ちゃん企業」とは、「父ちゃん」「母ちゃん」「あんちゃん」でやる家内工業のこと。
 僕は男3人兄弟の次男坊ですが。兄が子どもの頃、強い肺炎から髄膜炎になった。いよいよ兄の命が危ないというときに、ストレプトマイシンを打ち続けた。当時は副作用がわからずに打ち続けたら、命はとりとめたが、全聾になってしまった。

能作 聾唖(ろうあ)でしたか。

山本 はい、聾唖です。うちのおふくろは偉いですよ。「無償の愛」はおふくろだけですね。兄が成人したときに職に就けなかったらかわいそうだという一心で親父のケツを叩き、鉄工所をつくった。
 うちの親父は職人でも商売人でもない。正直、経営者らしくはなかったけれど、一生懸命やったのは、息子(兄)への愛ですね。

能作 そのくだりは『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』にもありましたね。とても面白く拝読しましたが、最初のスタートが大変だったでしょう。
 なんせ工場の火事に遭って、全身やけどですから。
1ヵ月は全然意識が戻らなかったのですよね?

山本 そうですね。