9月12日の『カンブリア宮殿』(テレビ東京系)で一躍話題となった、富山県高岡市にある「能作」は、北陸新幹線・新高岡駅からタクシーで15分前後、日中でも3000円以上かかる。失礼ながら、あたりは何もない「片田舎」だ。
だが、今、ここに年間「12万人」が殺到している!
鋳物(いもの)の産地・高岡市といえば、瑞龍寺(年間約17万人)や高岡大仏(年間約10万人)が有名だが、今や、小さな町工場「能作」が観光名所の第2位に浮上。直近では「月1万人」ペースで、ビジネスパーソンから親子まで見学者が殺到しているのだ。
能作克治社長(61)は大手新聞社のカメラマンから一転、能作家の一人娘と結婚し、婿(むこ)入り。長い間、「マスオさん生活」を送ってきた。カメラマン時代は入社2、3年目で年収500万円超。それが鋳物職人となったとたん、年収は150万円と「3分の1以下」に急落したという。
そんなある日、「工場見学をしたい」という電話があった。小学生高学年の息子とその母親だった。工場を案内すると、その母親は、信じられないひと言を放った。
「よく見なさい。ちゃんと勉強しないと、あのおじさんみたいになるわよ」
その瞬間、能作は凍りついた。全身から悔しさがこみ上げてきた。同時に、「鋳物職人の地位を絶対に取り戻す」と誓った。
閉鎖的な高岡の地で「旅の人(よそ者)」といわれながら、1200度以上の熱風と対峙し鋳物現場で18年、4リットルの下血も経験しながら必死に働いた。
そして2017年、13億円の売上のときに16億円をかけ新社屋を建てた。すると、なんということだろう。社長就任時と比較して、社員15倍、見学者300倍、さらに売上も10倍になったのだ。
しかも、地域と共存共栄して敵をつくらず、「営業なし」「社員教育なし」で!
工場見学にきたある小学生は「ディズニーランドより楽しかった」と言ったとか。
今や、能作の商品は、MoMA(ニューヨーク近代美術館)デザインストア、三越、パレスホテル東京、松屋銀座などでも大人気。世界初の錫100%の「曲がる食器」シリーズは世界中を魅了している。
そんな波乱万丈の能作克治社長の初の著書『社員15倍!見学者300倍! 踊る町工場――伝統産業とひとをつなぐ「能作」の秘密』が、話題となっている。創業103年の「踊る町工場」で、一体、何が起きているのか? 社長に語っていただこう。

Photo: Adobe Stock

100年後も生き残る「ものづくり」へ

 伝統工芸品の産地出荷額は、ピーク時の5400億円(1983年)から1000億円へ急速に落ち込み、30年で約5分の1の規模へと減少しました。

 この流れを変え、日本全国の約300の工芸産地が自立するためには、「産地の一番星(最も元気な企業のこと)」が産地の未来を切り拓いていく必要があります。

「工芸産地が100年後も生き残る」ためには、各地のモデルケースを共有し、互いにその知識と経験を持ち寄り、切磋琢磨して高め合う場が必要です。
その場として、2017年2月に、「一般社団法人日本工芸産地協会」が設立されました(会員数は
18社)。
 協会代表理事は中川政七さん(中川政七商店代表取締役会長)で、僕が理事・副会長を務めています。

【日本工芸産地協会のおもな活動】
・カンファレンス(会議、検討会)
 それぞれの産地の先進事例を多くの人に知ってもらう機会として、1年に1回、会員企業の属する工芸産地にてカンファレンスを行います(行政やマスコミにも公開)。

・勉強会
 他社事例を学ぶ場です。それぞれの企業、産地の課題、成功事例、失敗事例などを共有し、成長の足がかりとします。

・PR活動
 会員企業の企業情報、製品情報、取り組み事例などを発信します。また、工芸事業者の
 業界団体として、行政に対する働きかけを行います。

・海外向けの取り組み
 海外向けのPR活動、企業による海外展示会への合同出展など、海外からの引き合いに
 対応します。

・情報収集・調査
 工芸および産地の情報収集、調査・分析を行い、独自の指標をもって実態を評価します。

・コンサルティング/講演
 協会で得た先進事例をもとに、工芸メーカーに対するコンサルティングを行います。
 産地や工芸ごとの組合はこれまでもありましたが、横のつながりが希薄でした。業種や
 地域を越えて、「海外展開のノウハウ共有」「新製品開発の共同開発」などに取り組むこと
 ができれば、日本の伝統工芸をもっと元気にしていくことができます。