1万人を超えるリーダーは、「同じこと」に悩んでいた。
本連載は、1万人を超えるリーダーから寄せられた「悩み」に対し、明確な答えを提示するものだ。
著者は、日本最高峰のビジネススクール「経営アカデミー」で19年以上の登壇実績を誇り、経営者や企業幹部を指導してきた浅井浩一氏。全国で年間100回以上の研修や講演を行い、コンサルタントとしても現場に入り込む
「離職率を抑え、メンタルを病む人をゼロにし、なおかつ目標を達成し続ける」ために、リーダーとともに考え、行動し、悩みの解決を図る。業種・業態を問わず、職場再建率は100%。これまで指導してきたリーダーの数は1万人を超える。近著に『1万人のリーダーが悩んでいること』がある。

Photo: Adobe Stock

【悩み】責任感を持ち、日々成長しようとしている部下がいる半面、何も考えず、ただその日の仕事をこなすだけの部下がいます。どう指導すべきでしょうか?

 「言われた仕事しかやらない」「目先の仕事ばかりに追われ、将来を考えて仕事をしているように見えない」。このような相談をリーダーたちからよく受けます。

 私はそのたびに、「言われた仕事を的確にこなしてくれるなんて、責任感のある素晴らしい部下ですね!」とお答えしています。

 日々の仕事にプラスして、将来のことを考えて努力するのは、実は相当に高度な働き方です。

 リーダーであるあなたはどうでしょう。やはり部下と同じように、「目の前の仕事をこなすことで精いっぱい」ではないでしょうか。

 リーダー自らができないような高度なことを、部下に求めてはいけません。

 あなたが思う以上に、部下はあなたをよく見ています。部下に望むのならば、まずはリーダーであるあなたが率先して「将来、自分たちの会社・チームをどのようにしていきたいか」「そのためにどんなリーダーになりたいか」「そこでどんな努力をするか」を宣言する必要があります。

 私はこれを「リーダー宣言」と呼んでいます。事例を紹介します。