ドナルド・トランプ米大統領に対する弾劾裁判が始まる中、民主党の上院議員4人が陪審員役を務めつつ大統領選に向けた活動を続けている。  弾劾裁判に参加しながらの選挙戦とあり、エリザベス・ウォーレン上院議員(民主、マサチューセッツ州)は25日、アイオワ州バーリントンで予定していたイベントを中止。だが25日午後に予定よりも早くその日の裁判が終わると、同氏は首都ワシントンからアイオワ州マスカティーンへ飛行機で移動してタウンホールを開き、その後も急きょ予定に入れたイベントをこなした。