オアフ島観光の拠点となるワイキキ、カラカウア通り
オアフ島観光の拠点となるワイキキ、カラカウア通り

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、ハワイのオアフ島の情報をお届けします。訪れるたびに新しい魅力を発見できるハワイ。その観光の中心がオアフ島です。ダニエル・K・イノウエ国際空港、ワイキキ、ダウンタウン、ホノルル、ノースショア、カイルア……。本記事では、オアフ島のビーチや自然、歴史・文化スポット、ショッピングモール、グルメなど、基本的な観光情報をご紹介します。(文/オフィス・オハナ 写真/オフィス・オハナ、istock)

ハワイ人口の8割が住んでいる島「オアフ島」

■地図・地形・場所
 オアフ島は北緯21度15分から44分、西経157度40分から158度18分の間に位置する島で、コオラウ山脈とワイアナエ山脈、このふたつの火山の噴火によって形成されたといわれています。面積は1545.3平方キロメートル、ハワイ諸島で3番目に大きい島で、北方領土の国後島とほぼ同じ大きさです。島の南東部にあるホノルルは、ハワイ州最大の都市であり、政治、経済、観光の中心地です。そのため、ハワイ州の全人口の約8割がオアフ島に住んでいます。

■主な空港(ダニエル・K・イノウエ国際空港)  
 日本の主要都市からオアフ島へ向かう場合、到着する空港はダニエル・K・イノウエ国際空港です。飛行時間は約6時間半から7時間強です。また、復路は偏西風の影響で約8時間から8時間半の所要時間となります。日本から直行便を就航している航空会社は、2020年1月現在7社あります。

■日本からの距離・時差   
 日本とハワイの時差は19時間あります。ハワイのほうが日本より19時間遅れています。例えば、日本の月曜日正午のとき、ハワイでは日曜日の午後5時にあたります。日本にいるときにハワイの時刻を知りたければ、日本の時刻に5時間プラスして日付を前日にします。逆にハワイにいるときに日本の時刻を知りたければ、ハワイの時刻から5時間マイナスして日付を翌日にするのが簡単でしょう。

≫≫≫ ハワイと日本の時差と、時差ボケの解消法