【ワシントン】米連邦取引委員会(FTC)は、巨大ハイテク企業5社に対し、過去に買収した小規模企業の詳細情報の提出を命令した。オンライン市場での反トラスト法(独占禁止法)を巡る調査を拡大したい考えだ。  FTCは、アマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、マイクロソフト、グーグルの親会社アルファベットに対し、2010~19年にかけて買収した小規模企業について、買収の意図や構成、業務などを巡る記録や文書の提出を命令した。  FTCは、特定の法執行の目的はなく、「巨大ハイテク企業の買収活動を深く理解するために役立てる」と説明した。