【武漢(中国)】中国湖北省・武漢で今月10日、ツー・チュンシアさん(36)は雨が降る中でひどく咳き込みながら歩道に座っていた。新型コロナウイルスによる肺炎の治療が受けられるかもしれない施設への搬送を待っていた。  だが迎えは来なかった。彼女を診察した医師はウイルス感染をほぼ確信したが、喉の組織を綿棒で採取した検査の結果は「陰性」だった。  「それでは資格がないと言われた」。2人の娘がいるツーさんはこう話す。「彼らが求めたのは陽性の結果だ」  新型ウイルスの震源地となった武漢では、住民の間で中国衛生当局が診断に用いる検査キットの正確さをめぐり、疑念が広がっている。