米アパレル大手エルブランズは下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の経営権をプライベートエクイティ(PE)投資会社シカモア・パートナーズに売却することで合意に近づいている。同ブランドの価値を約11億ドル(約1220億円)と評価しているという。関係筋が明らかにした。  20日にも合意が発表される可能性があるという。  シカモアはヴィクトリアズ・シークレット株55%を取得し非公開企業とする見通しだという。残りの45%はエルブランズが保有することになるとみられ、この非公開企業が「ピンク」などのブランドを持つことになる。