米大統領から恩赦を得られるかどうかが、どのような知り合いがいるかで決まることが多い。現在のホワイトハウスではその傾向がさらに強い。  ドナルド・トランプ大統領が今週発表した一連の恩赦(赦免・減刑)のリストには、注目の案件が並んでいる。トランプ氏は11件いずれについても友人や仲間からのアドバイスを聞いた。前回の恩赦で自身が赦免した女性の助言も受けた。  トランプ氏は18日、記者団に自身の決定を説明。「彼ら(恩赦の対象者)を知る人々の勧告が本当に頼りだ」と述べた。